ブライトサンズレコードの商品を取り扱う通販サイト 

Sketchbook / ナナマリ “八ヶ岳南麓ボッサ” (CD)

[CD] Sketchbook/ナナマリ

[BRSR-CD007] Bright Sun's Record
定価¥2,500 +tax

16ページのブックレット付き
デジパック仕様

★レーベルの直販サイト特価★7.5% OFF !!(つまり、税抜き定価と同額)

================================
ここから、はじまる“八ヶ岳南麓ボッサ”
シンガーソングライター・ナナマリ
いよいよ開かれる、音の“スケッチブック”
================================

山梨・八ヶ岳南麓の森の中で生みだした日本語オリジナル・ソングを、
ボッサの調べにのせて、ギターで弾き歌う “八ヶ岳南麓ボッサ”。
待望のアルバムが、ついに完成!

-------------------------------------
作詞・作曲・歌・ギター: ナナマリ

/「やつらの足音のバラード」のみ、作詞:園山俊二、作曲:かまやつひろし

サウンド・プロデュース: ナナマリ、平井景
レコーディング: ナナマリ
ミキシング&マスタリング: 赤川新一
副プロデュース&ライナーノーツ:島田奈央子
プロデュース:平井景


【参加ミュージシャン】
ナナマリ(Vocal, Chorus, A.Guitar, E.Bass, Mandorin)
マツモニカ (Harmonica)
須藤かよ (Accordion)
帆足彩 (Violin)
伊澤陽一 (Steelpan)
Gustavo Anacleto (Flute)
山口友生 (Ukulele)
和田充弘 (Trombone)
鈴木厚志 (Piano)
村上聖 (A.Bass, E.Bass)
新岡誠 (A.Bass)
服部正美 (Drums,Percussion,Chorus)
平井景(Drums, Percussion)

-------------------------------------------
『Sketchbook』収録曲

1. ボクBossa Novaくん
2. 秋の湖 ~Outono~
3. 君は笑うかな
4. 蝉
5. 人類最大の発明
6. 君がいない世界
7. やつらの足音のバラード
8. ツリーハウスの朝
9. まきばの羊 (八ヶ岳観光圏「まきばレストラン」テーマソング)
10.いやしのうた
--------------------------------

【ナナマリの言葉 】

「こんな山の中に住んで、歌をうたってメシを食ってる(暮らしている)なんて、
30年前だったら想像もつかなかったことだよね。」
以前ある人から言われたコト。

今は、都会に住んでいなくても音楽を作り、発信できる時代になった。
:::  :::  :::
ナナマリは八ヶ岳南麓の森の中で音楽を作っている。
制作中は何日も人と会わないことも珍しくないのだけれど、
そのかわり、庭には大きな鹿の群れやイノシシ、
タヌキなんかがやってきては、栽培している野菜をくすねていく(コラ!)。
シジュウカラやヤマガラのお喋りに虫たちの合唱、
草木の呼吸…。森は実に賑やかだ。

ここにいると、
地球上で人間が一番優れた生物だなんて決して思わなくなる。
なんと弱くて愚かで、不完全な私たち。
この大自然を前にしては人間はまったくの無力なのに。
森が教えてくれることは尽きない。

八ヶ岳南麓から想いを馳せて綴る音のスケッチ。
このアルバムは、まさに今の私のスケッチブックなのだ。


【 ナナマリ プロフィール 】
シンガーソングライター。
埼玉県出身。2004年に山梨へ移住し、
現在標高約1000m、八ヶ岳南麓の森の中で暮らしながら
ライブ活動や音楽制作を行っている。
自然に囲まれた暮らしの中からインスピレーションを受け、
独自の目線で描いた楽曲が定評を得ている。

<History>
高校生からギターを始め、バンド活動を通して様々なジャンルの音楽を経験する中、
独学で音楽理論を学び、TV番組やメジャーアーティスト等への
楽曲提供を手掛けるようになる。
その後ブラジル生まれの音楽であるボサノヴァに出会い、そのハーモニーの繊細さとリズムの奥深さに魅了され、ブラジリアンギターを長澤紀仁氏に師事。
歌にも挑戦するようになり、ギター弾き語りスタイルでのライブ活動をはじめ、
2008年、1stミニアルバム「雨粒」でCDデビューを果たす。

<CD Release>
2008年 1stミニアルバム「雨粒」発表
2009年 シングル「ポチ」発表
2013年 70年代フォークをボサノヴァアレンジしたカヴァーアルバム
    「クーラーカフェ“ノスタルジー”」発表
2015年 ボサノヴァスタンダードをカヴァーした「A.C.ジョビン集」発表
2016年 約7年ぶりとなるオリジナル作品「Sketchbook」をリリース

------------------------------------

【ライナーノーツ】文・島田奈央子

東京から中央高速を走ること、2時間あまり。涼しい空気が流れてきたかと思うと、眼前には南アルプスの山々と緑多き山林が広がる。そこは山梨県と長野県の境に位置する八ヶ岳連峰の麓。夏の避暑地とは言え、オールシーズン、この地で暮らしている人ももちろんいる。秋までに薪を備え、冬支度をし、雪が積れば、家で何日も静かに過ごす。都会の喧騒から離れ、自然と生きる暮らしは、本当に別世界のようである。

ナナマリも、この森の中で生活をしている。四季折々の風景、自然の音、心で感じるもの全てが、メロディになり、詞になり、歌になっている。きっと誰もが癒される、穏やかで爽やかなイメージを持つことだろう。

しかし、彼女の作品は、少し違う視点から捉えたメッセージが加わっているのが独特だ。聴けば聴くほど味わい深い。

例えば、枯れ葉散る秋の情景を歌う、本作収録の「秋の湖」。実は「冬仕度をしておかないと、寒くなってからじゃ、冬が越せないよ」と伝えている。まるでアリとキリギリス。私も自分を振り返って、はっとさせられた。また、「ボクBossa Novaくん」も面白い。実は、ボサノヴァの誕生をモチーフにしていて、その音楽へのリスペクトに溢れている。

どの曲も、独自の哲学を持ったナナマリの世界観があり、「それって、そうかもしれないよね」と、なんだか納得させてしまうのが彼女の詞のマジック。メロディも、ついつい口ずさんでしまう。覚えやすいポップなもの、ギュッと心が掴まれる郷愁感に満ちたもの、どれも彼女の作曲能力の高さを感じさせるものばかり。そこにボサノヴァやジャズのアレンジが施され、洗練されたサウンドが産み出されている。

高校時代にギターを始めた彼女は、卒業後、女性シンガーとポップスバンドを結成し、独学の作曲とエレキギターを担当した。その後は、ブラジル音楽に目覚め、ギターを長澤紀仁氏に師事。歌も始めた事で、ギター弾き語りが、彼女の演奏スタイルになった。同時に作曲活動も活発で、TV番組や舞台、メジャーアーティストに楽曲提供している。
2008年、1stCD『雨粒』でデビュー。’09年、シングル『ポチ』を発表。’13年、70年代フォークをボッサにアレンジしたCD『クーラーカフェ“ノスタルジー”』は話題を呼ぶ。’15年、ボサノヴァの創始者、アントニオ・カルロス・ジョビンのカヴァー集をリリース。今回の新作『Sketchbook』は、実に7年ぶりのオリジナル作品になるのである。

ロックやポップス、そしてボサノヴァにあるハーモニーの繊細さとリズムの奥深さを吸収し、自分のフィルターを通して作り上げたのが、今の彼女の音楽。

アルバムの中でも実際に、ブラジル音楽特有の楽器やアレンジを施したものもあり、ボッサのスタイルが取り入れられている。しかし、サウンドから広がる景色は、ブラジルの“海”ではなく、まさに日本の“山”や”高原“。

その全てを、言葉で表現するとしたら…。
やはりそれは、ナナマリの言う“八ヶ岳南麓ボッサ”がぴったりとくる。

参加ミュージシャンは総勢12人。曲によって、色々な音が聴こえてくるのが贅沢で楽しい。アレンジやレコーディングは、なんと彼女自身によるもの。表現したい理想の形を、まず自分の手で作ってみる事から始めた。その後、長年にわたり信頼関係を築いてきたドラマー、平井景に全体のプロデュースを依頼、彼が主宰するBright Sun’s Recordからリリースすることになった。私も副プロデュースとして加わり、3人で何度も何度もアイディアを出し合い、時には録音を追加し、アルバム完成に向けて力を注いだ。音のミキシングを、トップ・エンジニア赤川新一氏に託した事で、より立体的で深みのある音になった。是非、このアルバムは、音のヴォリュームを普段より2割増しで聴いてほしい。こだわりの上質で温かい音を堪能してもらえると思う。

八ヶ岳の自然に育まれた、音の“スケッチブック”。いよいよ、世に放たれる。ナナマリの“八ヶ岳南麓ボッサ”が、ここから始まる。
=============================

■ナナマリ WEBサイト
http://nanamari.com/

PRICE

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
  • Home
  • About